福岡のダイビングなら、トリトンダイビングリゾートへ!

鹿児島・種子島/馬毛島
夏の海の日の連休は、宇宙に一番近い島、
種子島へ! 二日目はサンゴ礁の広がる
国内最大の無人島、馬毛島に遠征(^^)

日程 7/13()夜~15( )
料金_(メンバー)82,000円
料金_(ビジター)88,000円



4ボート



あり


中級者


13日_B&Bパークホテル
14日_ビジネスイン種子島


6/13


TAKA


●13日の福岡発は19:00、
15日の帰着は22:30を予定しています。
(渋滞で多少遅れることもあります。)
●鹿児島から種子島までは高速船を利用します。
(片道約1時間40分)
●13日夜は鹿児島市内のホテルに宿泊します。
(シングル部屋)
●14日は種子島のホテルへ宿泊します。
(ツイン、またはトリプル部屋)
シングル希望の場合は2,000円UP
●14日は始発で種子島へ、
また15日は最終便で鹿児島へ戻ります。
●ツアー料金の中に宿泊費、交通費も含まれます。
●14日はダイビング後、島内観光します。
●15日は馬毛島へボートダイブします。
ドリフトダイブです。
種子島~馬毛島間の航行時間は約30分です。
●種子島方面が当日、悪天候、悪海況の場合は、
目的地を鹿児島/南さつまに変更します。
その場合、ツアー料金は42,000円となります。



国内最大の宇宙センターから、海やマングローブと
いった大自然まで、見どころたんさんの種子島。
2019年夏の連休はこの島へ来訪します。
例年通りであれば梅雨が明け、晴天が続く時期。
透き通る水中世界に広大なサンゴ礁。
日本固有のチョウチョウウオ、ユウゼンもいます。
また国内有数のウミガメ産卵地としても有名。
潜水中、ウミガメとの遭遇率は非常に高いです(^^)


ユウゼン(沖縄では大東島でしか見れません)

二日目は種子島の西方12kmに位置する馬毛島へ。
ここは国内で一番大きな無人島。
手つかずの大自然がダイバーを魅了します。
潜水地は大物が見れる一級ポイントばかり。
先日、政府がこの島を買収。
近い将来、米軍機の離着陸訓練地になる可能性が。
そうなるとこの島へのアクセスが困難に…?
ダイビングするなら今のうちかも(^.^)

馬毛島
馬毛島

種子島ダイビングスポット(PADI HP参照)





または
ツアー申し込みフォーム


> ツアースケジュールに戻る

> 前のページへ戻る