※スマホの方は画面を横にしてご覧下さい。
レスキュー資格をお持ちの皆さんへ。
あなたがここまで成長してきた過程の中に、先輩ダイバーの助言や力添えが多分にあったと思います。
「自分もいつかはあんな風にかっこよく潜りたい…」
そう思って先輩の背中を見ながらレベルアップをしてきたはず。
さあ、今度はあなたがその立場です。
後輩たちをサポートし、彼らから羨望される存在、DMになってみませんか…

月々11,000円(1年間)の月謝の中に、このDMになるためのコース代、教材代が全て含まれています。
また月謝期間中のファンダイブはなんと潜り放題です。

自分自身をさらに向上したい!
今までと違った視点で潜ってみたい!
そのような方にも当月謝はオススメです。
当月謝でプロフェッショナルダイバーへ!
コース認定時には、おそらく今までにない達成感、充実感が味わえますよ。
PADI DMは、PADIプロフェッショナルの道への最初のステップです。
資格取得後にPADIメンバーへ属し、賠償保険に加入したら、現場でガイドや講習アシスタントの仕事ができます。また単独でスキンダイバーコースやスクーバリビュープログラムを開講することもできます。
さらにはPADIのHPのプロサイトにもアクセスすることができ、プロダイバーとして必要な最新情報を入手することができます。

月謝DMはトリトンメンバーのみ加入できます。
当システムに申込の段階でまだメンバーでない方は、
合わせてメンバー入会の手続きもお願いします。
メンバーになれば、月謝に加入できる他に、
たくさんの特典やサービスをご用意しています。



月謝の引落しはトリトン指定金融機関の口座から毎月23日に自動引落しとなります。
月謝(支払い期間)は1年ですが、DMコースは短期間に取得しようと思ったら1ケ月で取れます。
反対に1年以上かけてじっくり受講することも可能です。
いずれにしても月謝(月々11,000円×一年)は変わりません。
月謝全額(132,000円)をまとめてお支払いも可能です。
DM申請料21,600円はコース終了時に別途発生します。
器材レンタル代(BCD、レギュ、ドライスーツなど)は別途発生します。
プロダイバーになるのであればこれら器材は自己所有を強く促します。
またダイブコンピューターも必要です。
DMになるための月謝です。
ファンダイブが年間無料だからと言って安易な気持ちで加入することはご遠慮下さい。
お渡しする教材は、
DMマニュアル、デジタルインストラクターマニュアル、ダイブマスタースレートセット、
ダイビングエデュケーションログ、 の4点です。
ポケットマスクやeRDP MLなどを購入希望の場合は別途お代金を申し受けます。


1 レスキューまで他店で取得したのですが、
この月謝に入会できますか。
1 はい。
ただし最小限40回のダイブが完了しているログ証明が必要なことと、
アドバンス、レスキューまで修了していることが証明されるトレーニングレコードが必要です。
また、なぜDMになりたいのか、その動機は聞かせていただきます。
場合によっては、入会をお勧めしないこともありえます。
2 DMには遠泳テストがあると聞きました。
どれくらい泳げないといけないのですか?
時間も関係してきますか。
2 遠泳は400mです。
タイムが良ければ評価点は高くなりますが、とりあえず完泳すれば、点数は取れます。
3 ファンダイブが年間潜り放題と言うのが魅力的なのですが、
毎週のように潜りに来てもいいのですか?
3 可能です。
ただあくまでもプロダイバーになるための経験としてご参加いただきます。
「”年間潜り放題” がオトクだから」と言う目的で当月謝に加入することは、
主旨と異なるためお断りしています。
4 現在、アドバンスダイバーですが、この月謝に加入できますか。
4

できます。ただし、DMコースの前に、EFAとレスキューコースの受講が必要です。
これらを受講する際の費用は別途発生します。