※ スマホの方は画面を横にしてご覧下さい。
レスキュー資格を取得したあとの選択肢は二つに分かれます。一つはレジャーダイバーの最高峰、MSDを目指すレクレーショナル・コース

そしてもう一つはプロダイバーを目指すプロフェッショナル・コース
そのプロ・コースの最初のステップがダイブマスター(以下DM)です。
ガイドの仕事ができたり、講習のアシスタントができたり、プロダイバーとして活躍できます。
趣味レベルの延長として、またはインストラクターに向けての準備としてこのコースを取得する方は年々増えています。
あなたもダイブマスターになってみんなのリーダーとしてかっこよく潜りませんか…
DM(ダイブマスター)資格とは Click
DMになるとできること Click
コース料金 Click
行程(スケジュール) Click
特記事項 Click
受講前の心得 Click
コースの評価・レビュー Click
DMの次の資格取得までお考えの方へ Click
トリトンサポートメンバーシステム Click
申し込み方法 Click
PADI DMは、PADIプロフェッショナルの道への最初のステップです。
資格取得後にPADIメンバーへ属し、賠償保険に加入したら、現場でガイドや講習アシスタントの仕事ができます。
また単独でスキンダイバーコースやスクーバリビュープログラムを開講することもできます。
さらにはPADIのHPのプロサイトにもアクセスすることができ、プロダイバーとして必要な最新情報を入手することができます。

・ダイブセンターやリゾートでスタッフとして働くことができます。
・インストラクターと一緒にお客様のアシストができます。
・スキンダイバーコースを単独で実し、認定ができます。
・ディスカバー・スノーケリング・プログラムを実施できます。
・スクーバ・リビュー(復習ダイブ)・プログラムを実施できます。
・ファンダイブのガイドができます。 
・(EFAのイントラを取得すれば)EFAを実施できる。
・(DSDリーダーを資格すれば)単独で再・体験ダイビングを実施できる。
※新規及び更新手続きを完了し、保険加入をしている必要があります。
コース費 140,000円 講習費
教材代 46,500円 (注1)
申請料 25,718円 (注2)
器材レンタル代 別途発生 原則としてマイギアで受講いただきます。
追加補講代
合計 212,218円 (注3)

トリトンメンバー(入会費3,000円、年会費6,000円)に入会いただくと、この月謝でコースにエントリーすることができます。
当月謝はファンダイブ代フリー(無料)など、多くの特典が付いており、大変オトクです。
実際にトリトンではこれまで多くの方がこの月謝を利用してコースに加入されました。
申し込み時  頭金15,000円
月々11,000円 × 1.5年(18回)または
月々16,500円 × 1年(12回)
(注1)
教材代は2020年春の時点でのPADI価格で積算しています。
マニュアルの改定や新教材の発売によって、教材代は今後変更することがあります。

(注2)
DM申請に必要なデカールは付属しています。

(注3)
DMの次のアシスタント・インストラクター資格まで取得をお考えの方は、
インストラクター養成プラン がお得です。

後述詳細


2~3ヶ月ぐらい(講習時間は、候補生によって異なります。)
短期集中開催も可能です。
・教材をお渡しし、自宅学習の範囲をお伝えします。
(教材代をご精算願います。)
・おおまかなスケジュールを決めます。

(約1時間)
マニュアルを使って店内でレクチャー
・PADIダイブマスターの役割と資質
・認定ダイバーの監督 ・生徒ダイバーのアシスト など


エンサイクロペディア(百科事典)を使って自宅学習
・海洋の惑星
・ダイビングの器材
・ダイバーの生理学 など


ダイビング事故を管理するための緊急アシストプランの作成
水中スキル実習
・400m水泳
・15分間立ち泳ぎ
・800mスノーケルスイム
・100m疲労ダイバー曳行
・器材交換


ダイバーレスキュー

ダイブスキルワークショップ
・24スキルのデモンストレーション
・限定水域でのオープンウォーターダイバーコース生徒
・海洋でのオープンウォーターダイバーコース生徒
・海洋での継続教育生徒ダイバー
・海洋での認定ダイバー
ダイビングポイントでのセットアップと管理
水中地図の作成
ブリーフィング
サーチ&リカバリーのシナリオ
ディープダイビングのシナリオ
復習ダイブ・プログラム
スキン・ダイバー・コースとスノーケリングの監督
限定水域での体験ダイビング・プログラム
体験ダイビング・プログラムの追加ダイブ
海洋でのファンダイビング
1. ダイビングに適した体調であるか診断し、医師の署名の入った病歴/診断書(12カ月以内)がコース参加前条件として必要になります。
病歴/診断書は指定のものをお渡しします。
2. コース参加前条件として、最小限40回のダイブが完了していることのログ証明が必要です。
3. コース参加前条件として、18歳以上であること。
4. コース認定時、最小限60ダイブ完了のログ証明が必要です。
5. 各カリキュラムのスキルを達成するまでトリトンではしっかり開講します。
なおこの場合の追加補講代は発生しません。
6. コース受講期間に限りはありません。
ただ間隔が空いてしまうと、これまでの知識やスキルを忘れてしまいがちになります。
受講日はその点を考慮し、決めていきたいと思います。
7. プログラムによっては、生徒役、事故者役が必要なものがあります。
そのため、受講日を決める際は、講習に協力いただく他のゲストの集客も要します。
8. DMの資格があれば現場ですぐ活動できるわけではありません。
PADIに年会費(約2万円)を払い、賠償責任保険に加入しなければなりません。
これらPADIメンバーシップ手続きが完了して、はじめて活動ができます。
DMを目指すかどうか…
レスキューのあとに分岐点があります。
もしあなたが水中撮影をしたり、スクーターに乗って遊んだり、純粋に自分の楽しみのためにダイビングがしたいのであれば、レジャーダイバーの最高峰、マスタースクーバダイバー(MSD)を目指すことをオススメします。

そうではなく、もしあなたが後輩ダイバーにダイビングの楽しさや海の魅力を紹介したい、そしてそのことに喜びを感じるのであれば、DM取得を強くオススメします。
ただDMはプロ資格です。
今までのコースとは内容も重みも違ってきます。当然、難易度は高くなるし、体力、泳力も要求されます。自宅学習にかなりの時間が必要となります。
受講してから
「こんなハズじゃなかった…」と途中で挫折する方もいます。
ですので、コースにお申し込みの際はしっかりした心構えでお願いします。
ハードルが高い分、このコースを終えたときの充実感、達成感はひとしおだと思います。
★★★★★

メンバー Kさん
(IT企業 勤務)
大学に入ってすぐダイビングと出会い、学生時代にDMまで資格整備しました。
たくさんの方々と話す機会、接客する機会をもらうことができました。
そのときの経験が、今の社会人の基礎となったと感謝しています。
最近は仕事の休日に海へ行き、後輩ダイバーさん達のサポートをしています。

DMを目指したいす方はたくさんいると思います。
「海の楽しさ、素晴らしさを周りに伝えたい」
という方は、ぜひチャレンジしてみて下さい!
さらに多くの深い知識やスキルを学びます。
楽しくもあり、大変でもあり。
努力した分、頼りがいのあるダイバーになるチャンスだと思います。
レスキュー資格を有した方が受講できるのがDMです。
先述の通り、ダイバーたちのリーダーとして、水中ガイドをしたり、講習の準備やサポートをしたり、さまざまな活躍の場が得られます。
そしてその次のプロ資格は、アシスタント・インストラクター(以下AI)です。
この資格を有すると、ガイドはもちろんのこと、学科(知識開発)を担ったり、いくつかのSPコースを開講できます。
またプールや海の浅瀬で体験ダイビングも実施できます。
そこでもしあなたがDMに留まらず、このAIまで資格整備をお考えであれば、ぜひトリトンで人気の『インストラクタ養成プラン』にエントリー下さい。
このプランには下記のようなサービスが付いています。
● 単コース毎に受講するより料金がお安くなります。
● 器材販促の実績に伴うKB制あり 
● 月謝システムなので予算オーバーの心配はありません。
● ファンダイブ参加費無料
_______________
現在の資格 オススメプラン 月々 取得できる資格
レスキュー 16,500円×1年11,000円×1.5年 DM
16,000円×1年
18,500円×2年
DM、AI
【その他の比較】
教材費、申請料頭金 ファンダイブ トリトンメンバー 頭金
月謝DM 含まれる 参加費無料 加入条件あり 15,000円
インストラクター養成プラン 含まれない 参加費無料 加入条件なし

DMになったあと、トリトンの後輩ダイバーのお世話をしているグループがあります。
トリトンサポートメンバー です。
彼らは普段、OLやサラリーマン。休日にトリトンへ来て、当コースで培ったテクニックを実際の現場で発揮しています。
ブリーフィングしたり、ガイドをしたり…
後輩ダイバーにとって、とっても頼りになる兄貴、もしくはお姉さん的立場の皆さんです。
トリトンにとっても彼らがいることで、現場の進行が滞ることがないし、安全向上にもつながるので、とても助かっています。
当グループメンバーには下記の特典があります。
●トリトンメンバー年会費6,000円が免除
●活動時に発生するダイビング費(タンク代やボート代など)は
トリトン負担
●マスク曇り止めやマウスピースなどの消耗品は卸価格で提供
●チームミーティング時の会食費は無料


当コースが終了したあと、このグループに加入ご希望の方はどうぞお申し出下さい(^^)
コース参加ご希望の方は下記の申し込みフォームを送信下さい。
フォーム受信後、こちらからご連絡します。
そこでコース申し込みに至った経緯、心構えなどをお聞きします。

※場合によっては、受講をご遠慮いただくこともあります。