※スマフォの方は画面を横にしてご覧ください。
このコースでは意識のない方への心肺蘇生法(CPR)や身近な方が病気やケガをした場合の応急手当の仕方を紹介します。
知識開発とスキル開発、現実的なシナリオ練習を通して万が一の事故や急病の際に、「まず何をすればよいか?」を身につけ、躊躇することなく手がさしのべられるようになります。

海洋実習はありません。
ノンダイバーの方でも参加できます。日常生活にとても役立つ内容です。
人数にもよりますが、所要時間は約5時間です。

1. コース開催にあたっては最小催行人員2名となります。
2. PADI レスキュー資格を取得する際、必要前資格となります。
3. 当コースは2年毎に更新が必要です。
更新切れの状態ではレスキューやマスタースクーバダイバー(MSD)の申請ができません。
4. 海洋実習はありません。天候に左右されずに開講できます。
冬の時期に受講する方が多いです。
5. 医療現場に携わる方(医師、看護師、救命士など)はコースの受講を免除できます。
詳しくはスタッフにおたずね下さい。
6. ノンダイバーの方も受講できます。