スマホの方は画面を横にすると見やすいです(^^)

身近な親しい人が突然倒れたり、交通事故などにあったら、あなたならどうしますか? 救急車が到着するまでの時間にいかに適切な処置を施すことができるかで、患者のその後の状況は大きく変わってきます。
大切な人を守るために、いざというときに備えて、適切な処置の仕方を身につけておきたいものです。

硬くなりがちな内容ではありますが、トリトンはオリジナルのスライドを使い、グループで楽しく、しっかり丁寧に開講します。
このコースでは意識のない方への心肺蘇生法(CPR)や身近な方が病気やケガをした場合の応急手当の仕方を紹介します。
知識開発とスキル開発、現実的なシナリオ練習を通して万が一の事故や急病の際に、「まず何をすればよいか?」を身につけ、躊躇することなく手がさしのべられるようになります。

海洋実習はありません。ノンダイバーの方でも参加できます。
日常生活にとても役立つ内容です。

当資格取得はレスキューの認定条件となっています。
講習代 15,000円 学科
教材代 2,800円 EFR・マニュアル
※すでにお持ちであればそれをお使い下さい。
申請料 2,740円 EFRのCカード発行手数料
合計 20,540円



コ-スの内容、日程、料金システムを説明します。
店内やスタッフの雰囲気も見てからのお申込みで大丈夫です。
書類にご記入、マニュアルなどの教材をお渡しします。
大まかな講習のスケジュールもそこで調整しましょう。

各種クレジット、またはPayPayでもご精算できます。
頭金をお支払の方は、コース初日に残金を申し受けます。

お電話やメール、ネットでのお申込みもお受けしています。
遠方の方、多忙の方、急ぎでコースを始めたい方にオススメです。
まずはコース代全額をトリトンの口座にお振込み下さい。
入金確認後、教材を着払いにて宅配します。
大まかな講習のスケジュールはのちに電話かメールでやりとりしましょう。
お渡しした教材(DVD、マニュアル)を使って、自宅学習に取り組んで下さい。
読んだり、観たりで、なかなかなボリュームです。
一次ケア

バリアの使用
CPR(心肺蘇生法)
気道閉塞で意識がある/ない人への対応
水中生物によるケガの応急手当法など
ひどい出血の管理
ショックの管理
AEDの使用方法

二次ケア
ケガ、病気の評価
包帯や副木の使用方法

病気やケガのシナリオ
グループワーク

1 PADIのサイトでは当コース名が「EFR」となっていますが、
なぜトリトンは「EFA」とうたうのですか。
1 EFR(エマージェンシー・ファースト・レスポンス)は、心停止など生命にかかわる緊急時のケア(一次ケア/CPR)と、即座に生命にかかわらないケガや病気のケア(二次ケア/First Aid)について学ぶコースです。
これにAED(自動体外式除細動器)の使い方も学べば、コース名がEFAとなります。
取得するCカードの表記にも“AED”が入ります。(右図参照)
2 当コースは2年更新とのこと。
なぜ他と違い、このコースだけ更新が必要なのですか。
2 医療は日進月歩で進みます。
定期的な学会で、最新の応急手当法が発表されます。
そのため当コースは現時点での方法を知っておく目的で、2年に一度の更新が必要とされます。
3 このプログラムはPADIのオリジナル商品ですか。
3 いいえ、違います。
EFRは蘇生法の分野で著名な国際的医師グループの検証を得て、2002年にEFR Corp.と言う組織から発表されたプログラムです。
国際的に認識された医療的ガイドラインに基づいて作られています。
PADIはこのプログラムを承認し、採用しました。
当プログラムの資格取得がレスキューの認定条件となっています。
4 いずれはプロダイバーまで目指したいのですが、お得なプランはありますか。
4 あります(^^) 
トリトンで開講できるプロダイバーのコースは「アシスタント・インストラクター」までですが、次のレスキューからこのコースまでを定額月払いで受講できるプランがあります。
単コース毎に受講するよりかなりお得です。

※黒の資格からプロダイバーとなります。
__________
現在の資格 オススメプラン 月々 取得できる資格
アドバンス 10,000円×2年
18,000円×1年
EFA、レスキュー、DM
アシスタントインストラクター
1. コース開催にあたっては最小催行人員2名となります。
2. PADI レスキュー資格を取得する際、必要前資格となります。
3. 当コースは2年毎に更新が必要です。
更新切れの状態ではレスキューやマスタースクーバダイバー(MSD)の申請ができません。
4. 海洋実習はありません。天候に左右されずに開講できます。
冬の時期に受講する方が多いです。
5. 医療現場に携わる方(医師、看護師、救命士など)はコースの受講を免除できます。
詳しくはスタッフにおたずね下さい。
6. ノンダイバーの方も受講できます。年齢制限もありません。
7. このプログラムはCカードの裏に顔写真は付きません。
8. 感染予防対策として、講義前は店内に除菌スプレーを散布します。
また講義中は細めに換気し、空気の淀みをなくします。

2020.3.28 現在

新型コロナウィルスの感染拡大をさせないため、自分たちで感染予防の正しい知識と行動を知っておく必要があります。
今回のキャンペーンはそのやり方をご家族で知ってもらおうと言う趣旨のもと、代表者のご家族の方は、コース料金を通常のなんと半額で受講いただける内容となっています。
また当日はこの道に精通している外部専門家を招き、開講します。
講義中は殺菌スプレーを散布し、細目な換気を心掛けます。
これまでのカリキュラムに、この『感染症対策』のトピックを加えた、『2020年版 トリトンEFAコース』です。
【備考】
親子、夫婦、兄弟、従兄弟などの親戚関係にあたる方が家族割の対象となります。
その間柄が証明できれば適用可とします。
ズンちゃん

EFRインストラクター。
日本赤十字 応急手当資格取得。
本職が多くの児童と接することから、長年この応急手当の分野に関し、数多くのセミナーを受け、自己啓発に努める。
経歴20年以上のダイバー歴も持ち、トリトンとの付き合いも長い。